スマートプラグなら電気消費量が分かって遠隔操作で電源を切れる

スマートプラグを購入したのは、購入した冷蔵庫の電気消費量を計測するためです。

電気消費量を測るにはワットモニターでよかったんです。

けどスマートプラグのほうが安かったんです。

目次

スマートプラグ

スマートプラグは機種によるけど電気消費量を計測できます。

本来の目的はスマホアプリで電源を切ったり、電源を入れたりするためのものです。

電気消費量計測するために購入しました。

スマホにアプリをインストールすることで遠隔操作できます。

スマートプラグはWi-Fi接続しておく必要があります。

ワットモニター

ワットモニターは電気消費量を計測するものです。

ワットモニターのほうが簡単で確実です。

でも冷蔵庫の電気消費量は季節ごとに計測する程度です。

ワットモニターは使わない時間があります。

普段はスマホの過充電防止に電源を切るのに使ってます。

コンセントタイマー

コンセントタイマーはコンセントに挿して時間がくれば電源を切る、または電源を入れるものです。

居間で暖房器具の切り忘れとスマホの過充電防止に使ってます。

寝室ではスマートプラグでスマホの充電が85%くらいで電源を切ってます。

まとめ

スマホが過充電にならないように電源を切りたい!

と思う人はスマートプラグがおすすめです。

スマートプラグ = コンセントタイマー+ ワットモニター です。

※ 注意 スマートプラグの電源を切ってもコンセントに挿してるとWi-Fi接続されています。


目次