【3回線目】povoのeSIMを新規契約したら電話番号が070だったレビュー

1回線目はSIMカードで新規にpovoを契約したら、電話番号が070でした。

3回線目の新規契約のeSIMも電話番号が070でした。

povoの2回線目の080はLINEMOからMNPしました。

2回線目は大事な080の電話番号なので、すぐに1GBで180日使えるトッピングを630円で購入しました。

3回線目は、1回線目の解約含みでeSIMで契約しました。

目次

povo新規は、どっちも070

povoで取得した電話番号は、1回線目も3回線目も070です。

090よりは070がいいと思います。

でもLINEMOからMNPした2回線目の電話番号は080です。

個人的には080がいいんです。

1回線目でMNPするのはちょっと… なので

povoを使ってみて良かったら、2回線目にMNPするといいでしょう。

eSIMなら簡単で早い

楽天モバイルでeSIMにしたことがあります。

eSIMは発送なしなので、当日中に有効化できました。

でもeSIMに対応してないスマホを持ってるならSIMカードが間違いないです。

povoは最大で5回線まで契約できますが、UQモバイルなども含めての5回線までです。

povoの3回線目〜はトッピングの購入実績が必要と言われています。

povoのeSIMは簡単でしたけど、SIMカードみたいに差し替えて使うことができないのがデメリットです。

povoは2回線でいい

3回線契約してますが、2回線でいいと思います。

3回線目を契約したら、最初の契約を解約するのでもいいと思います。

3回線目はeSIMにしましたが、3回線目もMNPでもいいと思います。

povo以外でも、新規契約だと高確率で070です。

080にしたいなら、080の電話番号をMNPすると間違いありません。

まとめ

povoはオンライン専用だけどauのサブブランドなので間違いはありません。

使い勝手がいいかは人によるので、まずは使ってみましゃう!

トッピングなしの128Kbpsで問題なくトッピングを購入できましたので

必要になった時点で必要なトッピングを購入すればでいいんです。

トッピングを購入すると、登録済みのクレジットカードで決済されます。

トッピングを購入してなくて0円の請求メールがきてたんだけど、これってプレッシャーだったんです。


目次