ツイッターにログインできなくて新規にアカウントを作成することに…

しばらく放置していたツイッター(X)にログインしようとしたら、届いたメールで本人確認しないといけない。

もう使ってないメールアドレスなので、あきらめて新規にアカウントを作成することにしました。

SNSでは生年月日の入力を求められることがあるので、メールアドレスと生年月日をメモっておきます。

SNSに登録するとき、誤って20歳未満の未成年にしないように注意しましょう。

目次

Gmailが簡単だったけど…

何年か前にツイッター(X)のアカウントを作成したとき、Gmailだと簡単だったんです。

たしかGoogleアカウントでログインするだけだったような…

けど今回はGmailでアカウントを作成するのをやめました。

持ってるドメインでツイッター(X)用にメールアドレスを作成しました。

ドメインを持ってれば、削除したメールアドレスを復活することができます。

アプリを使うことに…

ツイッター(X)もインスタグラムもブラウザ版を使ってます。

けど今回のツイッター(X)はアプリを使うことにしました。

ツイッター(X)の公式アプリは今でも予約投稿ができないんですね。

とっくにブラウザ版なら予約投稿できてるのに…

1日に何回も投稿することはまずないので、予約投稿しないことにしました。

電話番号は登録しない

何年か前にGmailでアカウントを作成したのは簡単だったからです。

Gmailなら電話番号を登録したくてよかったのもあります。

Gmailでアカウントを作成すると電話番号を登録しろと言われなかったんです。

Googleアカウントにも電話番号を登録していません。

まとめ

ツイッター(X)にGmailでログインしてアカウントを作成する意味はなくなっています。

ツイッター(X)に電話番号の登録をしなくていい今は、メールアドレスとパスワードでログインしましょう。

パスワードとメールアドレス、生年月日もメモしておくといいでしょう。


目次