【格安SIM】大手3社のオンライン専用のサブブランドがおすすめ

料金を安くするなら格安SIMです。

大手3社のオンライン専用なら遅くならずに料金を安くできます。

オンライン専用のLINEMO、povo、ahamoがおすすめですが、申し込みのハードルは高いです。

povoをAndroidで申し込むときは、Chromeをデフォルトのブラウザにしましょう。

目次

LINEMO

LINEMOを使っています。

LINEMOはAIが審査していてワイモバイルのように審査の電話はありません。

本人確認も免許証の写真をアップすればいいので簡単です。

地方に住んでますが、今はドコモよりソフトバンク回線のほうが繋がります。

povo

povoは何回やっても本人確認できなかったんです。

けどデフォルトのブラウザをChromeに戻したら、簡単に本人確認できました。

LINEMOなら20GBを使い切っても、無制限に1Mbpsで使えるので、povoはサブとして使ってます。

povoには基本料金がないので、トータルで安くできます。

ahamo

ドコモ版のスマホをいくつか持ってます。

ドコモ版のスマホは使わなくてもドコモ用のアプリをアンインストールできません。

最近のSIMフリーのスマホではドコモ回線だと半分くらいしか電波マークが立ません。

地方の地方なので、最新の電波になってない気がしています。

SIMフリーのスマホでもソフトバンク回線なら全部の電波マークが立ちます。

まとめ

格安SIMは平日の昼に遅くなります。

平日の昼に遅くならないサブブランドがおすすめです。

地方なので、かつてはドコモしか繋がらなかったんですけど、今はソフトバンクのほうが繋がります。

ドコモよりauのほうが電波がいいので、サブをpovoにしました。


目次